言語聴覚士の職場選び

言語聴覚士の仕事のもっとも良いところは、手に職があるということです。

一般企業の場合、一度辞めてしまうと再就職するのに難しそうですが、それに比べて言語聴覚士は資格があるだけに再就職しやすいようです。

夫の転勤に合わせて職場を変わることも可能ですし、子供が大きくなるまでパートとして働いて、その後常勤に変わることもできます。

給料は勤務先によって違います。働く場所や業務内容にこだわらなければ高い給料が望めます。

次に職場の選び方です。自分の一番大切にしたいものを優先に選ぶのが良いと思います。

仕事が一番大事なのか、プライベートを一番大事に考えるか、それによって職場の選び方は大きく変わってくるでしょう。

もし仕事を一番に考える方は、どんな言語聴覚士になりたいのかを基準に選択すると良いでしょう。成人の患者さんに対応したいのか、子供さんに対応したいのかも考える必要があります。

一番最初の就職は、なかなか希望通りに決まるのは難しいかもしれません。自分の希望に合わない病院などに就職が決まったとしても、いくらか経験を積んでから再び就職活動をすることもできます。

大学病院や公務員などは、それなりに競争率が高いと思います。

プライベートを一番大事にしたい方は、自宅から通勤できるところや、勤務時間が自分に合っているところ、給料が良いところなど選択肢はいろいろあります。

最近では、言語聴覚士のニーズが年々高まってきています。あまりこだわらなければ、今のところ就職先はあると思います。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/11346737
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック