琴の浦リハビリテーションセンターの訓練内容

琴の浦リハビリテーションセンター(和歌山県)では、脳卒中などによる後遺症で言葉や食べることにおいて障害をもつ方に対する訓練を行なっています。

ここでの訓練は、集中的な訓練プログラムをもとに、言葉や食べるための機能を向上させ社会に適応できるような能力を獲得できることを目標にしています。

訓練の対象としている障害は、言語中枢の損傷により話すことができなくなるなどの失語症、脳卒中などによりうまく話すことができなくなる運動障害性構音障害、口腔器官に障害が起こりうまく食べられなくなる嚥下障害、どもりなどの吃音です。

嚥下障害についてリハビリテーションの対象になるのは、主に神経筋疾患や脳卒中によるものです。

個人訓練は、担当の言語聴覚士と一対一で行います。1回の訓練は約40分です。

失語症の患者さんの場合は、それぞれの症状に合わせた言語訓練を実施しています。

発話の訓練では絵カードを使うこともあります。運動障害性構音障害の患者さんの場合には、発音の仕方と話し方の訓練が主な内容となります。

嚥下障害の患者さんの場合は、嚥下反射や口腔機能を改善させることによって安全に食べ物を食べられるような訓練を行っていきます。

グループ訓練では、心理的、社会的な面から主に行われます。

この訓練によって、患者さんに人前で話す機会をつくり、話すことに対して自信をもってもらったり孤独感から開放させることを目的にしています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/11346739
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック