星ヶ丘病院の言語聴覚科

星ヶ丘病院(福島県郡山市)の言語聴覚科では、主に自閉症やアスペルガー症候群と診断された子供たちを対象に、必要とされる援助を行っています。

自閉症といっても、一人一人の患者さんによって、それぞれの特徴を持っています。

話すことは好きだけど人に対して自分の気持ちをうまく伝えるのが苦手であったり、話すことは苦手だけど目で見たものを理解するのは得意であったりします。

星ヶ丘病院では、その様な方々の得意な面を生かしながら、どのようにして確実にコミュニケーションを取れるようにするのかをもっとも重視して療育しています。

具体的には、患者さんとの状態とそのご家族の都合により、週に1回〜月1回で来院の回数は患者さんによって様々です。

内容としては、子供さんの特徴に合わせて、言語聴覚士と一緒に勉強をします。目標としては、子供さんが自分から取り組み、そして考えて判断する能力や、その子に合ったコミュニケーションのとり方などを、身に付けることです。

家族の方から子供さんの家庭での様子を聞き子供さんとの適切な接し方をアドバイスしたり、その子にとって一番良い方法を一緒に考えることも重視しています。

場合によっては集団の中においてのコミュニケーションを学ぶために、自閉症の子供同士で行なうグループ訓練もしています。

幼稚園や学校の先生方とも協力して、より良い環境を整えるための活動も実施しています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/11346743
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック