摂食・嚥下障害への言語聴覚士の対応

言語聴覚士は老化や脳卒中などによって摂食や嚥下機能など食べるための機能に障害のある方々に、その機能を回復するため、そして食べることの楽しさを再び感じてもらうためのリハビリテーションを行っています。

摂食・嚥下障害とはどんな障害なのでしょうか。摂食とは食べることを意味し、嚥下とは飲み込む行為のことを指し口から胃へ食べ物を送る運動のことを意味します。

嚥下障害とは飲み込むときに生じる障害を意味します。

この障害は、好きな食べ物を食べる楽しみを、奪ってしまうことも問題です。食事の量が不足すると脱水症状を引き起こしたり、栄養が低下する恐れもあります。

さらに、誤って飲み込んで気管に入ってしまった食べ物は、肺炎を引き起こしたり、気道をふさいでしまって窒息の危険があります。

嚥下障害のある患者さんとって、最大限に摂食・嚥下能力を向上させ摂食能力が快適で、医学的にも安定した状態で確立することは、とても大事なことになっていきます。

その方法の1つとして、言語聴覚士が行っている、摂食・嚥下障害のためのリハビリテーションがあります。

そこで行なう間接訓練では、飲食物を使わないで行ないます。この訓練は、摂食と嚥下に関わる器官を、よりよく働かせるために行ないます。

実際に食べ物を使って行なう直接訓練では、食べ物を噛み砕いたり、飲み込む練習を行ないます。食事前の訓練として嚥下体操をすることで、口や舌が食べるための準備ができます。

嚥下体操をするようになってから、食べるときにむせることが少なくなったという方も多くいます。

このように言語聴覚士は栄養障害や誤嚥による肺炎などを予防し、できるだけ口から食べられることを目標にリハビリテーションを行っています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/11346744
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック