言語聴覚士の仕事に向いている人

誰とでも信頼関係を築くことができる人は、言語聴覚士の仕事に向いているようです。

言語聴覚士はさまざまな分野で活躍していますが、最も多くの方は医療の場で働いています。

医療の場では、お年寄りから働き盛りの成人の方、小さな子供さんまで幅広い年代の方々が来ます。

リハビリテーションの内容はそれぞれ違いますが、まずどんな方とでも信頼関係を築くことができなければ、うまく前へ進めません。

言語聴覚士は臨機応変に、みなさんと楽しみながらコミュニケーションをとることが必要となります。

それぞれの方に正しい対応ができ、患者さんに良いリハビリテーションを行なうため、日々知識や技術の向上に努める言語聴覚士は、多くの言語聴覚障害者に必要とされるでしょう。

言語聴覚士が担当する患者さんは、うれしいこと、不安なことなどのいろいろな感情をなかなか伝えられない方がほとんどです。

言語聴覚士は、そのような患者さんが言いたいこと伝えたいことを気づいてあげようと努力しなければなりません。

専門的な知識も必要ですが、周到な観察力や豊かな想像力、また患者さんがわかるように工夫する表現力などが必要になります。

そして、患者さん自ら話したい、という思いを起こさせることも大事です。

すぐれた言語聴覚士になるには、さまざまな場面にも対応できる人間性があり、どんな方とでもコミュニケーションをとれる能力もつことが必要なのです。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/11346747
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック