言語聴覚士の養成校

言語聴覚士の養成校は学費が文系の大学より少し高く、理系の大学より少し安いくらいの学校が多いようです。2年制と4年制では、学費の総額はちがいます。

学校案内のパンフレットに示してある学費には、諸経費が含まれている場合とそうでない場合があります。

諸費用が含まれていない場合、後になって徴収することもあるので事前に確認しておくことが必要です。

養成校の入学試験は、比較的合格しすいところが多いようです。しかし伝統のある学校の中には難関校もあります。

特に課程が2年で修了する大卒の方を対象とする養成校は、学力レベルが高く入学するのが困難なようです。

医療関係の学校は面接試験が厳しく、学力があっても簡単に合格できるわけではありません。

また入学しやすいところでも、卒業するのは簡単ではないようです。言語聴覚士の養成校はカリキュラムがかなり過密です。特に2年制や3年制の場合は、休み時間がほとんどないくらい大変なのです。

高校で生物や物理を選択していないと、養成校に入ってから音声音響学や生理学などの授業でとてもついていくのが大変になってしまいます。

医学や聴覚などの理系の分野と教育や心理などの文系の分野を、どちらも勉強しないといけません。そして、評価も非常に厳しく多くの学生が留年してしまうようです。

このように、言語聴覚士になるには大変厳しい道のりですが、小さなミスが人の命に関わってしまう仕事なので頑張って乗り越えて立派な言語聴覚士になってください。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/11346749
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック