「ことばの教室」

主に小学校を中心に設置されている「ことばの教室」は、言葉の発達が遅れている児童や、言語や聴覚に障害のある児童を対象にした教室のことです。

「ことばの教室」では言語聴覚士が教員となって指導している小学校もあります。

聞くことに障害があると言葉の発達が遅れてしまったり、正しく発音できなくてうまく話すことができなくなります。正常に聞くことができても、正確な話し言葉が使えない子どもも多いです。

聴こえや言葉の問題は、そのままにしておくと学習に適応できなくなったり、性格に悪影響を与えたりするなど、子どもの成長に問題を起こす要因ともなる可能性があります。

障害の疑いのある子供は正しい指導を行い、子供に秘めた能力を存分に引き出せるような援助が必要になります。

「ことばの教室」の目標は、障害をもつ子供たちのコミュニケーション能力を向上させ、学習や日常生活において、自分自身の判断で取り組むことができる態度を育成することです。

また、子供の持つ特別な能力を十分に発揮し、学校や社会での生活に適応できるようにします。

「ことばの教室」の主な指導内容は次のとおりです。

 ●正確に発音できるようにする。
 ●正しい話し方や読み方ができるようにする。
 ●話し言葉をスムーズにできるようにする。
 ●言葉を正確に聞き取ったり、言葉の数を増やせるようする。
 ●正しい補聴器の装用の仕方。
 ●子供をより理解してあげるための保護者へのサポート。

このように「ことばの教室」では、言語聴覚士のような言葉や聴こえに関して、誰よりも理解してくれる教員が親身になって指導してくれます。

障害をもった子供たちに勇気と希望を与えています。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/11346750
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック