言語聴覚士が担当する聴力検査

言語聴覚士が行う聴力検査には色々な種類があります。

その中で、BOA(聴性行動反応聴力検査)は、新生児期から乳幼児期までを対象としています。

この検査によって、乳幼児が聞こえてきた音に驚いたり、目を閉じたり、どこから聞こえてきたか探したりする、聴性行動反応を評価し示して、難聴であるのかどうか、またその程度について調べます。

検査に使われる音源は、鈴や紙もみ音を使います。

5・6ヵ月の乳幼児から1〜2歳代の幼児を対象とするのはCOR(条件詮索反応聴力検査)です。

音が聞こえてくる方に玩具などを置き、音がするのと同時にその玩具が光に照らされるようにします。

子供に何度も試してみて、音のする方に楽しいものが何か出てくる、ということを期待させて、それを視覚刺激として条件をつけておきます。

そのようにして、音源の方を音だけで見るかどうかによって、子供の聴力の程度を調べるのです。
知的発達面に遅れがある幼児にも、この検査を行ないます。

次に、1歳代後半〜2歳代ごろから適応できる聴力検査は、ピープショウテストです。これは、遊戯聴力検査の一種です。

スピーカから音が聞こえてきたら、すぐにボタンを押すことで、おもちゃの家の部屋の中が、明るくなるように仕掛けをしています。

幼小児が楽しんで検査を受けられるように工夫された装置なのです。子供にレシーバを装着することができれば、大人と同じように左右別々に聴力検査をすることができます。

他にも言語聴覚士が担当する聴力検査には、聴覚障害者で補聴器を装着している方を対象としたものや、人工内耳を装用している方を対象としているものなど、さまざまな検査を行なっています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/11346752
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック