東京医薬専門学校の言語聴覚士科

東京医薬専門学校の言語聴覚士科は国家試験対策を徹底的に行い、設備がとても充実していて、学生を強力に援助します。

この専門学校の言語聴覚士科は、伝統のある言語聴覚士の養成校です。言語聴覚士が国家資格になる以前から、この学校から卒業生を送り出してきたのです。

伝統校だからこそ、それまで培ってきたレベルの高い独自の教育を受けることができます。
また、卒業生を支えるシステムが整っており、業界との繋がりも深く、卒業してプロになってからも、東京医薬は一人一人の活躍を支えていきます。

この専門学校の言語聴覚士科に特徴的なのは、学校附属の臨床施設である「 滋慶コミュニケーション セラピールーム」です。

ここでは、さまざまな臨床に直に触れることができるのです。このセラピールームでは、言語に障害がある子供から成人までの方へのリハビリテーションを実際に行っている施設です。

ここでは在学中の学生は、言語聴覚士の先生と患者さんとのやりとりを見学することができます。

それにより、学生たちは現場で働く前から、豊富な臨床例を目の当たりにして、その知識を得ることができるのです。

このように「滋慶コミュニケーション セラピールーム」は、言語療法についていつでも観察することができるので、とても実践的な設備なのです。

東京医薬専門学校の学生寮は、男子寮や女子寮、食事付か自炊タイプの寮など、さまざまな種類の学生寮が18もあります。

もちろん、セキュリティーも万全で寮長さんは親切なので、安心して勉強をすることができます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/11346753
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック