嚥下障害への対応

嚥下障害のある方に対し検査や訓練を行って援助をするのが言語聴覚士の仕事です。

嚥下障害は、その程度により症状はさまざまで、障害が重度の場合は、口からまったく食べることができない方もいます。

しかし、多くの方が食事の仕方を工夫することで、何とか口から食べることができるようになります。

嚥下障害の方にとって、最も飲み込むのが難しいのは水やお茶のような液体です。

一見それらは、飲み込みやすそうに思われますが、サラサラしていて通過するのが速いため、気管に入ってしまうことがあるのです。

ですので、むせた場合に水を飲ませるのは危険です。むせた場合は、せき払いをするように促し、収まるのを待ちます。

嚥下障害の方にとっては細かく食事を刻んだものも、とても食べにくいのです。刻んだ食事は口の中でバラバラになり、のどに残ってしまうという問題があります。

嚥下障害の方には、柔らかくてなめらかな食べ物が食べやすいです。

食事を食べやすくする工夫は、他にもいくつかあります。水分を取るときにむせる場合のために、増粘剤という薬品を使うこともあります。

これは混ぜるとトロミが出てきて、食べ物を飲み込みやすくなります。

また、食べる物に気をつけていても、一口で食べる量が多ければ誤って飲み込みやすくなります。

食事をする時の姿勢も気をつけなくてはいけません。その方に合った量で、一口ずつゆっくりと進めていくことが大切なのです。言語聴覚士は患者さんの食事中の姿勢も指導します。

このように食事を食べやすくする工夫はいろいろありますが、患者さん一人一人に合った方法で食事をすることが重要です。

そのためには、専門的な検査を受けることが必要になります。嚥下障害の疑いがあるのなら、言語聴覚士のいる病院に相談してみてください。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/11346757
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック