女性言語聴覚士の活躍

女性の比率が高いのが言語聴覚士を目指す学生の特色です。

患者さんにとって女性の言語聴覚士のほうが、接しやすいということが理由のようです。

リハビリテーションを行なう現場では患者さんが不安で緊張してしまいがちですが、女性が相手だと空気が和みやすくなるようです。

言語聴覚士の仕事は患者さんと個室で一対一で向き合うので、落ち着いた環境を作り出すことは言語聴覚士として大切なことです。

出産と子育ての経験がある女性の言語聴覚士なら、患者である子供さんのお母さんと、同じ母の立場として親身になって話ができるということもあります。

さらに、家庭をもっていて子育て中の言語聴覚士にとっては、働いている環境はとても良いです。
言語聴覚士の特徴は、医療職ですが当直や夜勤がないということです。

外来などの診療時間は決まっているので、時間をうまく使える仕事です。
また、病院や福祉施設には保育所があるところがほとんどで、女性が働きやすいように整っています。

結婚しても仕事を辞めることは、ほとんどないようです。もし一時的に辞めても、他の職場で意欲的に復帰できます。

このように言語聴覚士の仕事は、生活と両立しながら働けるのです。研究熱心な人は、研究職を意欲的に目指して、ずっと勉強しながら働くこともできます。

臨床という現場では患者さんのことを一番に考えるので、疑問などがたくさん出てきます。そのため言語聴覚士には研究に熱心な人が多いようです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/11346760
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック