言語聴覚士になるために

言語聴覚士としての免許を得るには、例年3月に行なわれる国家試験(年1回)を受験して合格する必要があります。

厚生労働省から例年9月ごろに試験の日程などが発表され、試験は指定試験機関として財団法人医療研修推進財団が行っています。

受験資格は、最終学歴が高校の場合は、

1、指定の言語聴覚士養成所などで3年以上修業した者
2、短大や大学などで2年以上、または高等専門学校で5年以上修業して、かつ指定の科目を履修し、その後指定施設などで1年以上教科課程を修業した者
3、短大や大学などで1年以上、あるいは高等専門学校で4年以上修業して、指定する科目を履修し、その後指定施設などで2年以上教育課程を修業した者
4、短大をのぞく大学で、指定する科目を修めて卒業した者

最終学歴が一般の大学の場合は、

5、指定施設などで2年以上教科課程を修業した者

外国の養成所を卒業した者、または外国の言語聴覚士免許を受けた者で、厚生労働大臣が1〜5と同等以上の知識と技能を有すると認定した者

これから大学に進学することを考えている方は、指定された科目を履修できる大学を選択すればいいのです。

高卒の方の場合は指定養成所で3年以上の修業、大卒の方の場合は2年以上修業する必要があります。学費は3年間で、最低300万円以上はかかるようです。

言語聴覚士の養成教育では、基礎・専門基礎科目として人間の話す言語・コミュニケーションをとる行動を支える医学、言語学、心理学、音声学、社会科学などを学びます。

専門科目としては、言語聴覚障害学総論などを学びます。さらに病院やリハビリテーションセンター、福祉施設などで臨床実習を行ないます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/11346762
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック