言語聴覚士とは

人は言葉によってお互いの考えや気持ちを伝達し、コミュニケーションによって知識や経験を共有しながら日々の生活をしています。

言語聴覚士は、そのコミュニケーションをとるのに障害がある人に対して、リハビリテーションを行いサポートする専門職です。

耳が聞こえなくて話していることがわからなかったり、聞こえていても発声や発音がうまくできなかったり、言葉を理解するのが難しいなど、聴覚や言語に障害のある人は非常に多くいるといわれています。

言語聴覚士の役割は、発声する、会話をする、聞くなどに対して障害のある人に訓練や検査します。

また医師の指示に従って、嚥下訓練や聴覚を補助するための器具の人工内耳を調整します。

嚥下訓練とは、食べ物や飲み物を飲み込むことが困難な人に行なう訓練で、その機能を回復させ維持する訓練をします。

さらに、高齢社会の中で、嚥下障害、脳卒中による失語症、難聴などが多くなり、言語聴覚士はそれらの障害を持つお年寄りの回復に関しても期待されています。

言語聴覚士の主な活動場所は、病院などの医療機関や、身体障害者の福祉施設や老人保健施設などの福祉機関、聾学校や養護学校などの教育機関と幅広く活躍しています。

言語聴覚士は音声や言語の機能、そして聴覚に障害をもつ人の会話したり聞いたりする機能を維持し、さらに向上するために障害者やその家族と面談し、検査や指導・訓練を何度も繰り返します。

そのようにして、障害者の方が自分自身の力で少しでもコミュニケーションがとれるようにサポートしているのです。

言語聴覚士は言語がうまく使えない人を相手にするので、一人一人をよく理解して接する必要があります。

コミュニケーションを回復することは人間性を回復させることもあり、言語聴覚士はこのような場で直接援助できるので、とても働きがいのある仕事です。

tag:

言語聴覚士の現状

言語聴覚士は医療機関、社会福祉施設や介護施設などで働いています。教育機関でも活躍しています。

医療分野だけでも多くの言語聴覚士が必要なのですが、残念ながら言語聴覚士の求人は作業療法士や理学療法士と比較すると圧倒的に少ないのが現実です。

作業療法士や理学療法士と比べると、言語聴覚士という名称や治療の実績があまり知られていないことがその理由です。

2002年度まで、理学療法士などと比べて健康保険での診療報酬が極端に低かったこともあります。
そのため、病院において言語療法士を採用することが遅れていました。

2002年の改定後は、診療報酬が理学療法士などと同じ額になるなどしてから、やっと求人数が増えてきています。

ところが、もうすでに作業療法士や理学療法士が働いている病院では、新しく言語療法士を採用することは難しい状況にあります。

2003年まで介護保険でも、デイケアでは言語聴覚士のリハビリテーションの介護報酬が認められていませんでした。

2003年4月からようやく介護報酬が認められましたが、未だに訪問リハビリテーションでは報酬が出ていません。このことも採用がなかなか進まない要因になっています。

法制化が遅れたことが影響して、言語聴覚士によるリハビリテーションの実績が正当に評価されなかったことは本当に残念なことです。

言語聴覚士も理学療法士と同じように、障害のある人にとっては心の支えとなるべき仕事です。

時間はかかったとしても、報酬も含めて言語聴覚士の地位が向上し、より広く社会に求められるようになるに違いありません。

女性言語聴覚士の活躍

女性の比率が高いのが言語聴覚士を目指す学生の特色です。

患者さんにとって女性の言語聴覚士のほうが、接しやすいということが理由のようです。

リハビリテーションを行なう現場では患者さんが不安で緊張してしまいがちですが、女性が相手だと空気が和みやすくなるようです。

言語聴覚士の仕事は患者さんと個室で一対一で向き合うので、落ち着いた環境を作り出すことは言語聴覚士として大切なことです。

出産と子育ての経験がある女性の言語聴覚士なら、患者である子供さんのお母さんと、同じ母の立場として親身になって話ができるということもあります。

さらに、家庭をもっていて子育て中の言語聴覚士にとっては、働いている環境はとても良いです。
言語聴覚士の特徴は、医療職ですが当直や夜勤がないということです。

外来などの診療時間は決まっているので、時間をうまく使える仕事です。
また、病院や福祉施設には保育所があるところがほとんどで、女性が働きやすいように整っています。

結婚しても仕事を辞めることは、ほとんどないようです。もし一時的に辞めても、他の職場で意欲的に復帰できます。

このように言語聴覚士の仕事は、生活と両立しながら働けるのです。研究熱心な人は、研究職を意欲的に目指して、ずっと勉強しながら働くこともできます。

臨床という現場では患者さんのことを一番に考えるので、疑問などがたくさん出てきます。そのため言語聴覚士には研究に熱心な人が多いようです。

嚥下障害への対応

嚥下障害のある方に対し検査や訓練を行って援助をするのが言語聴覚士の仕事です。

嚥下障害は、その程度により症状はさまざまで、障害が重度の場合は、口からまったく食べることができない方もいます。

しかし、多くの方が食事の仕方を工夫することで、何とか口から食べることができるようになります。

嚥下障害の方にとって、最も飲み込むのが難しいのは水やお茶のような液体です。

一見それらは、飲み込みやすそうに思われますが、サラサラしていて通過するのが速いため、気管に入ってしまうことがあるのです。

ですので、むせた場合に水を飲ませるのは危険です。むせた場合は、せき払いをするように促し、収まるのを待ちます。

嚥下障害の方にとっては細かく食事を刻んだものも、とても食べにくいのです。刻んだ食事は口の中でバラバラになり、のどに残ってしまうという問題があります。

嚥下障害の方には、柔らかくてなめらかな食べ物が食べやすいです。

食事を食べやすくする工夫は、他にもいくつかあります。水分を取るときにむせる場合のために、増粘剤という薬品を使うこともあります。

これは混ぜるとトロミが出てきて、食べ物を飲み込みやすくなります。

また、食べる物に気をつけていても、一口で食べる量が多ければ誤って飲み込みやすくなります。

食事をする時の姿勢も気をつけなくてはいけません。その方に合った量で、一口ずつゆっくりと進めていくことが大切なのです。言語聴覚士は患者さんの食事中の姿勢も指導します。

このように食事を食べやすくする工夫はいろいろありますが、患者さん一人一人に合った方法で食事をすることが重要です。

そのためには、専門的な検査を受けることが必要になります。嚥下障害の疑いがあるのなら、言語聴覚士のいる病院に相談してみてください。

言語聴覚士の役割

あなたやあなたの家族が、耳の聴こえが悪かったり、言葉に障害があるように感じたら、どのようにしたらよいのでしょうか。

まずは言語聴覚士のいる病院に行って受診してください。医療機関によっては、言葉と聴こえの障害に専門的な言語聴覚士が相談や訓練をしています。

老人性難聴の場合には、まず耳鼻科の専門医と相談してください。そして、言語聴覚士のいる病院や補聴器適合士のいるお店を教えてもらってください。

子供さんの障害の場合には、教育機関、福祉施設、医療機関のそれぞれにおいて相談や療育を行なってサポートしています。

教育機関では養護学校や聾学校、教育センターなどで相談を受けつけています。また何か心配なことがあれば、健診の時などに保健センターで相談してみるとよいでしょう。

健診の時でなくても、保健センターではいつでも相談にのってくれますので、気軽に問い合わせてみてください。きっとよい方法が見つかるはずです。

医療の領域においては、言葉や聴こえの障害について、もっとも歴史が浅いです。病院では、難聴だと診断したり、生まれつき口蓋が裂けている口蓋裂などの、医療的な手術やそれを治療することは、以前から行われてきました。

医療機関で言葉を取り戻すための治療やそのための訓練は、最近やっと行われるようになりました。

まだまだ言語聴覚士のいる病院は少ないかもしれませんが、もし子供さんの発達障害や難聴などについて心配なことがあれば、言語聴覚士のいる病院や施設に相談してみてください。


言語聴覚士が担当する聴力検査

言語聴覚士が行う聴力検査には色々な種類があります。

その中で、BOA(聴性行動反応聴力検査)は、新生児期から乳幼児期までを対象としています。

この検査によって、乳幼児が聞こえてきた音に驚いたり、目を閉じたり、どこから聞こえてきたか探したりする、聴性行動反応を評価し示して、難聴であるのかどうか、またその程度について調べます。

検査に使われる音源は、鈴や紙もみ音を使います。

5・6ヵ月の乳幼児から1〜2歳代の幼児を対象とするのはCOR(条件詮索反応聴力検査)です。

音が聞こえてくる方に玩具などを置き、音がするのと同時にその玩具が光に照らされるようにします。

子供に何度も試してみて、音のする方に楽しいものが何か出てくる、ということを期待させて、それを視覚刺激として条件をつけておきます。

そのようにして、音源の方を音だけで見るかどうかによって、子供の聴力の程度を調べるのです。
知的発達面に遅れがある幼児にも、この検査を行ないます。

次に、1歳代後半〜2歳代ごろから適応できる聴力検査は、ピープショウテストです。これは、遊戯聴力検査の一種です。

スピーカから音が聞こえてきたら、すぐにボタンを押すことで、おもちゃの家の部屋の中が、明るくなるように仕掛けをしています。

幼小児が楽しんで検査を受けられるように工夫された装置なのです。子供にレシーバを装着することができれば、大人と同じように左右別々に聴力検査をすることができます。

他にも言語聴覚士が担当する聴力検査には、聴覚障害者で補聴器を装着している方を対象としたものや、人工内耳を装用している方を対象としているものなど、さまざまな検査を行なっています。

「ことばの教室」

主に小学校を中心に設置されている「ことばの教室」は、言葉の発達が遅れている児童や、言語や聴覚に障害のある児童を対象にした教室のことです。

「ことばの教室」では言語聴覚士が教員となって指導している小学校もあります。

聞くことに障害があると言葉の発達が遅れてしまったり、正しく発音できなくてうまく話すことができなくなります。正常に聞くことができても、正確な話し言葉が使えない子どもも多いです。

聴こえや言葉の問題は、そのままにしておくと学習に適応できなくなったり、性格に悪影響を与えたりするなど、子どもの成長に問題を起こす要因ともなる可能性があります。

障害の疑いのある子供は正しい指導を行い、子供に秘めた能力を存分に引き出せるような援助が必要になります。

「ことばの教室」の目標は、障害をもつ子供たちのコミュニケーション能力を向上させ、学習や日常生活において、自分自身の判断で取り組むことができる態度を育成することです。

また、子供の持つ特別な能力を十分に発揮し、学校や社会での生活に適応できるようにします。

「ことばの教室」の主な指導内容は次のとおりです。

 ●正確に発音できるようにする。
 ●正しい話し方や読み方ができるようにする。
 ●話し言葉をスムーズにできるようにする。
 ●言葉を正確に聞き取ったり、言葉の数を増やせるようする。
 ●正しい補聴器の装用の仕方。
 ●子供をより理解してあげるための保護者へのサポート。

このように「ことばの教室」では、言語聴覚士のような言葉や聴こえに関して、誰よりも理解してくれる教員が親身になって指導してくれます。

障害をもった子供たちに勇気と希望を与えています。

聴こえの検査方法

聴覚の障害は、全く聴こえない状態だと思うかもしれませんが、物音がするとそれに反応していたり、会話がしっかりできているようでも、実は聴こえにいくらか問題のある場合があります。

軽中度の難聴があると、話している声は「音」としては聴こえるのですが、これが「言葉」として意味を充分理解することは難しいのです。

話していることが分かったり会話ができているのは、目で見た情報や雰囲気などから、なんとか推測して話についていっているのでしょう。

2歳ごろになると言葉は増え始め、だんだん追いついていけなくなってしまいます。そうなると将来勉強したり社会に出たときに問題がいろいろでてきます。

もし子供さんの聴こえに関して心配なら簡単な検査をしてみてください。まず気づかれないように子供さんのうしろに行ってください。

そして、内緒話をするときのようなささやき声で、子供さんの名前を呼んだりしてみてください。

また子供さんの耳のそばで、親指と人差し指で何度か指をこすってみてください。ちゃんと聞こえていれば振り向くはずです。

「ささやき声」は軽中度の難聴があると聞こえない場合が多いのです。この検査をして振り向かない場合は、音を感じとりにくい病気があったり、乳幼児に多い「滲出性中耳炎」があるなどで、聴こえが悪くなっている場合があります。

何度やっても振り向いてくれない場合は言語聴覚士のいる専門機関での聴力検査を受けてください。言葉が遅れている場合にも、聴こえに問題があることがあります。

そのような場合にも言語聴覚士は相談に乗ってくれます。

星ヶ丘病院の言語聴覚科

星ヶ丘病院(福島県郡山市)の言語聴覚科では、主に自閉症やアスペルガー症候群と診断された子供たちを対象に、必要とされる援助を行っています。

自閉症といっても、一人一人の患者さんによって、それぞれの特徴を持っています。

話すことは好きだけど人に対して自分の気持ちをうまく伝えるのが苦手であったり、話すことは苦手だけど目で見たものを理解するのは得意であったりします。

星ヶ丘病院では、その様な方々の得意な面を生かしながら、どのようにして確実にコミュニケーションを取れるようにするのかをもっとも重視して療育しています。

具体的には、患者さんとの状態とそのご家族の都合により、週に1回〜月1回で来院の回数は患者さんによって様々です。

内容としては、子供さんの特徴に合わせて、言語聴覚士と一緒に勉強をします。目標としては、子供さんが自分から取り組み、そして考えて判断する能力や、その子に合ったコミュニケーションのとり方などを、身に付けることです。

家族の方から子供さんの家庭での様子を聞き子供さんとの適切な接し方をアドバイスしたり、その子にとって一番良い方法を一緒に考えることも重視しています。

場合によっては集団の中においてのコミュニケーションを学ぶために、自閉症の子供同士で行なうグループ訓練もしています。

幼稚園や学校の先生方とも協力して、より良い環境を整えるための活動も実施しています。

言語聴覚士の訪問リハビリテーション

言語聴覚士による訪問リハビリテーションが認可され、平成16年4月に診療報酬改定されました。

その後徐々に、言語聴覚士の訪問リハビリテーションを開始する病院が増え始めました。

相澤訪問ひまわり看護ステーションの訪問リハビリテーションでは、失語症の方に対して言葉を話す練習や、文章を読む練習、そして日常生活における言語に関する助言などを行なっています。

実施した自主課題の教材を、インターネットを使ってアドバイスしています。患者さんは、自宅でリラックスした状態で練習することができので、とてもよい効果が出ているようです。

訪問するたびに何かできることが増えていたり、急に単語が出たり、漢字を読めることがあったり、文章を話すことができる時もあるようです。このように、と少しずつ確実に前進している患者さんもいます。

在宅での訪問リハビリテーションを始める前は退院したばかりで歩行ができるか、うまく会話ができるようになるかなど、いろいろな心配や不安がある方が多いと思います。

訪問リハビリテーションを受けていくうちに、だんだんその不安がなくなり希望がもてるようになると思います。

病院へ通うのが困難な方や、退院してからの自宅での生活に不安がある方はとても多いと思います。

そのような、言語聴覚士の専門的なアドバイスが必要な方々にとって、自宅で行なう言語の訓練や嚥下訓練や指導などはとても望ましいものです。

言語聴覚士の職場選び

言語聴覚士の仕事のもっとも良いところは、手に職があるということです。

一般企業の場合、一度辞めてしまうと再就職するのに難しそうですが、それに比べて言語聴覚士は資格があるだけに再就職しやすいようです。

夫の転勤に合わせて職場を変わることも可能ですし、子供が大きくなるまでパートとして働いて、その後常勤に変わることもできます。

給料は勤務先によって違います。働く場所や業務内容にこだわらなければ高い給料が望めます。

次に職場の選び方です。自分の一番大切にしたいものを優先に選ぶのが良いと思います。

仕事が一番大事なのか、プライベートを一番大事に考えるか、それによって職場の選び方は大きく変わってくるでしょう。

もし仕事を一番に考える方は、どんな言語聴覚士になりたいのかを基準に選択すると良いでしょう。成人の患者さんに対応したいのか、子供さんに対応したいのかも考える必要があります。

一番最初の就職は、なかなか希望通りに決まるのは難しいかもしれません。自分の希望に合わない病院などに就職が決まったとしても、いくらか経験を積んでから再び就職活動をすることもできます。

大学病院や公務員などは、それなりに競争率が高いと思います。

プライベートを一番大事にしたい方は、自宅から通勤できるところや、勤務時間が自分に合っているところ、給料が良いところなど選択肢はいろいろあります。

最近では、言語聴覚士のニーズが年々高まってきています。あまりこだわらなければ、今のところ就職先はあると思います。

青年海外協力隊で言語聴覚士

青年海外協力隊でも、言語聴覚士が活躍しています。

ある方は、病院のリハビリテーション科で言語聴覚士として7年間勤務した後に、2年間青年海外協力隊としてメキシコで言語聴覚士と活動したそうです。

その派遣の目的は、市のリハビリテーションセンターに言語療法室を開き言語聴覚療法を行なうことでした。

リハビリテーションセンターの勤務時間は、月曜から金曜の朝8時から午後3時までです。初めの1ヶ月半は開設するための準備として、小児・成人用の検査訓練のための教材や検査用紙を作成したり、訓練に必要な用具を収集したり、言語室の整備をしたそうです。

その後、言語療法室を開設して、宣伝効果もあり開設直後から予約の患者さんでいっぱいだったようです。

基本的には個別訓練を重視するようにして訓練の時間は1時間としましたが、希望者や軽度の対象者が多く、2人のグループにしたり、30分の訓練時間にする場合もあったそうです。

患者さんの8割が小児で、言語発達遅滞・聴覚障害・口唇口蓋裂・自閉症・吃音・構音障害などの障害をもった子供が対象です。

成人は、吃音・脳卒中の後遺症による失語症・嚥下障害・構音障害などが対象です。

苦労したことは、現地の方は訓練に行けば、それだけで良くなると思ってくる人が多くて、家族に説明するのに言葉や文化の違いで、なかなか思ったように上手く説明できなかったことだそうです。

お楽しみ会などのイベントを開くことで、説明の場を設けたりもしたようです。

この言語聴覚士の方は、たくさんの人に恵まれ、素晴らしい友達ができ、旅行では決して味わえないような、貴重な体験をすることができたようです。

もし青年海外協力隊に興味がある言語聴覚士の人がいたら、行ってみると良いかもしれませんね。

ことばの教室どんぐり

名古屋文化学園医療福祉専門学校(愛知県)には「ことばの教室どんぐり」という施設があります。

この施設は、難聴や自閉症、発達の遅れや吃音、構音障害などの症状がある就学前の乳幼児を対象としています。

言葉がなかなか出なかったり、発音が良くなかったり、きこえが悪いなどの相談にのっています。

そして経験豊かな言語聴覚士が、訓練の必要性などについて、アドバイスしています。指導や訓練は、専任の言語聴覚士が子供さんの発達に合わせ、個別訓練室で一対一で行ないます。

また家庭での指導の参考となるように、訓練の内容をビデオモニターでよく観察していきます。

言葉は出ているけどうまくやりとりができない、友達同士でうまく遊ぶことができないなど、社会面での障害がある子供さんには、少人数で行なうグループ指導をしています。

言葉の遅れや行動における問題は、ただ教室で訓練するだけではなく、家庭生活の中での取り組みも大切です。

言語聴覚士は家族の方と一緒に、生活の中でどのように対応したらよいのか、子供さんの評価をもとに考えていきます。

「ことばの教室どんぐり」では、月・火・木・金曜日の9:30〜17:10に相談にのっています。

料金は、初回面談が2,050円で、1回60分の訓練・指導が3,550円、年40回訓練の月謝が14,200円です。

専属の言語聴覚士は、名古屋文化学園医療福祉専門学校の言語聴覚士である専任教員です。